本文へ移動

ブログ

3月15日(金)卒園式

卒園式~きりん組の入場~
 3月15日(金)は、いよいよすずらん(年長)さんたちの卒園式です。緊張感の中にも笑顔がたくさん見られ、卒園する子どもたちの誇らしい姿が印象的でした。最後まで歌声が大きく礼拝堂に響き渡り、ご来賓や保護者の皆さんも圧倒されました。記念写真を撮り、先生方と別れを惜しんでいると、降園の時間が近づいてきました。小学校に通い始めても日曜学校でまた会おうね。再会を心に決めて、通い慣れたミカエル幼稚園とさよならをしました。12の小学校に離ればなれになってしまうけれど、次のステージでキラキラと輝いてくださいね。
 幼稚園はこのあと3月19日(火)に終業式・離任式を済ませ、2023年度を締めくくりました。

2月15日(木)吹奏楽鑑賞会

Twinkle Star ☆ウィンドアンサンブルの名演奏
 2月15日(木)には、Twinkle Star ☆ウィンドアンサンブルの皆さんをお呼びして吹奏楽演奏の鑑賞を行いました。楽団の皆さんは皆さんそろいのエプロンを身につけ、まるでママたちが演奏してくれているようです。アンパンマンマーチやドラえもんのテーマなど子どもたちもよく知っている馴染み深い曲を中心に素晴らしい演奏が響き、楽しく感動のあるひとときとなりました。知っている曲が流れると子どもたちは自然に口ずさんだり、手拍子を打ったりとすっかり楽しみ、音楽の楽しさを実感してくれたようです。

2月 新しい遊具

壁面に取り付けられたボルダリング
 ミカエル幼稚園2階ホールにまた新しい遊具が登場しました。ボルダリングの壁です。1月末に大きな音をたてて工事が進みました。子どもたちは「何ができるんだろう」と興味津々のようす。できあがってみると何と楽しい遊具です。
 使い方を説明して、先生が付いて始めてみると、「怖がるかな」という大人の心配をよそにどんどんよじ登っていきます。
 また新しい遊びができてよかったね。子どもたちの身体能力の育成にもつながるいい遊具ができました。

1月25日(木)おもちつき

楽しいおもちつき
 1月25日(木)は乳児さん、幼児さん各組ごとにおもちつきをしました。本物の臼と杵で力を合わせてぺったんこ。おいしいおもちをつき上げました。杵が重たい子は先生と一緒に。たまに杵と杵がぶつかってしまっても全然平気。「そっか~、おもちってこうやって作るんだ~」蒸し上げた餅米が大好きなおもちに変わっていくさまをしっかり見ることができました。「早く食べたいな」の声に、おもちは給食の時間にはかき餅にしてふるまわれました。
 翌日以降、余ったおもちは鏡餅になって飾られます。

1月22日(月)3学期始業式 23日(火)書き初め会

母子で筆を握る機会もありました
 1月22日(月)にお礼拝と3学期始業式を行い、今学期がスタートしました。皆さん、本年もよろしくお願いいたします。
 翌23日(火)には書き初めの会をしました。こすもす(年少)さんは「一(いち)」、ひまわり(年中)さんは「たこ」、すずらん(年長)さんは「一月」と毛筆で書きます。1枚目は先生と一緒に書き、2枚目は自分ひとりで書きました。鉛筆やペンとは違う書きぶりでとまどいもありましたが、どの子も真剣な顔つきで一生懸命書けました。いい経験です。作品は1階エントランスホールに掲示されています。
 今年も様々な行事や体験の多いミカエル幼稚園です。

12月20日(水)クリスマス礼拝・降誕劇・2学期終業式

降誕劇では年長さんがお役につきます
 12月20日(水)をもって、長い2学期が終わります。この日は幼稚園でひとあし早いクリスマスの礼拝をしました。礼拝の最後には降誕劇を披露します。聖ミカエル幼稚園にとって、運動会や生活発表会と並ぶ大切な行事です。何日も練習を重ね、心のこもった降誕劇を作り上げました。すずらん(年長)さんは、憧れだった伝統の衣装に身を包み、名演技でクリスマスの由来を伝えてくれました。ひまわり(年中)さんは合唱団として参加。聖歌を大きな声で歌って、劇を盛り上げてくれました。こすもす(年少)さんは羊飼いが導く、かわいい子羊さんたちに扮して参加しました。とてもかわいらしかったです。
 劇も式も終わるころ、本物の(?)サンタさんが登場。良い子のみんなにプレゼントをくれました。そして、子どもたちはお土産にクリスマスケーキを一つずつもらって降園です。
 メリークリスマス!そしてよいお年を!

12月8日(金)クリスマス祝会

ゴスペルサークル、絵本サークルの皆さんと 
 12月8日(金)はお母さん方のゴスペルサークルの皆さん、絵本サークルの皆さんが、絵本読み聞かせやたくさんのお歌で盛り上げ、ホールでクリスマスのお祝いをしました。お母さん方は前日まで何度も集まって練習をし、見事なパフォーマンスを見せてくれました。子どもたちはとても幸せそう。少し早めのクリスマスにはなりましたが、よい時間を過ごしました。サンタさんも来てくれましたしね。
 たくさんのお母様方の愛に包まれたミカエル幼稚園。この深い愛情によって支えられています。

11月11日(土)生活発表会

しろくまぐみ かにむかし から 
 11月11日はいっぱい練習を重ねた「生活発表会」でした。ミカエル幼稚園の生活発表会は衣装や大道具にも力を入れ、子どもたちはすっかり役に成りきって演じます。その堂々として頼もしく、しかもかわいらしい姿に、観客全員が感動します。
 今年の演目は、きりん組「はらぺこあおむし」、ぱんだぐみ「ピーターパン」、しろくまぐみ「かにむかし」、らいおんぐみ「そんごくう」です。
 音楽に合わせ、歌あり踊りあり。そして、せりふの一つ一つに力がこもります。こすもす(年少)さんがせりふに詰まると、すずらん(年長)さんやひまわり(年中)さんが小声で導いてくれました。チームワークがいいのもミカエルの伝統です。そうして下の子は上の子に憧れをもち、「来年私はあんな素敵なお兄さん、お姉さんになりたいな」と成長していくのです。

9月8日(金)お買い物ごっこ

バーガーショップ ぱんだなるど です 
 9月に入り、楽しみにしていた「お買い物ごっこ」の日を迎えました。この行事、名前はシンプルですが、「ミカエル幼稚園版キッザニア」とも言えるほどのお店屋さんが開店します。ぱんだ組は「ハンバーガーショップ ぱんだなるど」。きりん組は「ジェラートショップ きりんティーワン」。らいおん組は「きっさ すーぱーかふぇ」。しろくま組は「えんにち おまつり広場」。
 お店屋さん担当と、お買い物担当に時間の前半後半で分かれ、楽しみます。お店屋さんはいらっしゃいませ~と呼び込みをしたり、レジでお金を受け取ったり、注文を聞いて商品を渡したり、説明したり。大人さながらの働きぶりでした。一方、お客さんは10円玉5枚を持って各店を回ります。本物そっくりの商品にみんな感激。家でのおもちゃとして持ち帰りました。子どもたちの思い出に残る楽しい一日になりました。

8月25日(金)年長お泊まり会

夜のスタンプラリー
 8月25日は1泊2日で幼稚園にお泊りする「年長お泊まり会」がありました。年長さんはもうみんなしっかりしていて不安がる子はほとんどいません。午後から登園して準備が済んだら、まずは園バスに乗り込み野幌にある「アトリエ陶」へ。みんなで陶芸教室に参加しました。講師の先生の説明をよく聞いて、カップやお皿お茶碗など思い思いのデザインで制作します。集中力ある表情から真剣さが伝わってきました。帰りに少し公園に寄って園に帰り、夜を迎えます。
 珍しい夜の給食を食べ、食休みしたら、ホールに集合。そこには絵本「めっきらもっきらどおんどん」の世界が…。どこかで見たような3人の妖怪たちが一緒に遊ぼうと誘ってきます。そこでスタンプラリーが始まり、夜の少し怖い園舎を探検しました。全てのスタンプ(実際にはシール)を集めると妖怪たちからのご褒美は「花火」。園庭でみんなで楽しみました。
 就寝の前には礼拝堂で静かな夜の礼拝に参加し、楽しい夜に感謝の祈りを捧げます。
 翌朝は起きたら、身の回りを整頓し、まずは美香保公園でラジオ体操です。みんなしっかり参加できました。園に戻ると朝食も給食です。共に泊まり共に食事をし共に活動し、年長さんは貴重な経験をしました。みんなと一緒ならお父さんお母さんと離れても大丈夫。大きな成長です。
 日常は縦割り保育が行われているミカエル幼稚園ですが、こうした横割りの行事も多く、同年齢の横の絆も育てられていきます。

8月22日(火)年長お芋掘り

力を合わせて収穫
 夏休みが終わっても暑い暑~い今年の夏ですが、ミカエルの子どもたちはみんな元気です。5月19日に畑に植えたすずらん(年長)さんのじゃがいももすっかり大きくなり、収穫の日を迎えました。
 8月22日火曜日、3回目の畑訪問です。この日も非常に暑い日でした。少しでも早く作業を終わらせないとフラフラになってしまいます。すずらんさん約30名は力を合わせておいもを掘りました。
「宝さがしみたいでおもしろい!」
今年のおいもはよく育って大きいものが多いです。神様からのお恵みに感謝しながら、コンテナにどんどん集めました。このおいもは後日、給食の材料となります。自分たちで植え、育て収穫した野菜をお友だちと一緒に食べる喜び。園で待っているひまわり(年中)さん、こすもす(年少)さんにも伝えていってくれることでしょう。
すずらんさんがまた一つ頼もしく成長した日でした。

7月15日(土)運動会

年中少さん玉入れ
運動会
総練習までのひと月間は、何とか外での練習ができましたが、運動会本番当日は強い雨の日となりました。会場は美香保小学校体育館へ変更です。少し狭く窮屈でしたが、その分、一体感のある行事となりました。応援合戦に始まり、かけっこ、綱引き、玉入れ、リレー、お遊戯などみんな大活躍です。組の団結力も一層増しました。そして最後は年長(すずらん)さんの「よさこい」でフィナーレ。これには会場にいた全員が感動に包まれました。涙腺が緩んでいたご家庭の皆様も多く、1学期最大の行事は大成功に終わりました。

6月20日(火)~27日(火)いちご狩り

らいおんぐみさんのいちご狩り
4つの組が1日ずつ、いちご狩りに出かけました。ビニールハウスをひとり占めして、おいしいいちごの食べ放題です。お口のまわりを真っ赤にして、た~くさん食べました。

5月19日(金)年長芋植え

年長(すずらん)さんお芋植え
ミカエル幼稚園では、野幌に畑を借りています。毎年、年長(すずらん)さんがじゃがいもの植え付けに出かけます。なかなか体験することのない「野菜作り」の機会です。やり方を聞いてから、しっかり取り組みました。種芋さんを寝かせ、ふかふかの土のお布団をかけてあげました。心を込めて、「大きくなあれ」とお祈りしました。夏の収穫が楽しみです。
作業の後は近くの公園で遊び、おにぎりを食べて帰りました。
このような横割り保育も充実しています。

4月

みんなでおへやあそび
園での生活が始まり、こどもたちはみな、楽しく遊んでいます。お友達と一緒に、おもちゃで遊んだり、作り物をしたり、やっぱりみんなで過ごすとおもしろいね!

4月12日(水)入園式

石渡主任ごあいさつ
あたらしいお友達、年少さんをお迎えして、入園式が行われました。年少(こすもす)さんは、少し緊張したお顔も見えましたが、お母さんやお父さんに見守られ、希望に満ちたようすを見せてくれました。

いよいよ2023年度のスタートです。

1月24日(火)

今日はお餅つきをしました。
幼稚園バス一便のあかコースさんが到着すると、
エンジェルHIROBAからは、
お米を蒸すいい匂いがほわーんとします。
「いいにおい!」「おいしそうなにおい!」
子どもたちはワクワクしてお餅つきの準備をしていました。
クラスごとに集まって、一人5回ずつペッタン、ペッタン。
重たい杵を持ち上げてみんな頑張りました。
お餅は、お昼のデザートとして、砂糖醤油、きなこ、あんこ、のりのなかから
好きなトッピングを選んでいただきました。
どのクラスも完食!お餅を7個も食べた年少さんもいたようですよ!
子どもたちのついたお餅は、鏡餅にして玄関に飾ってあります。
少しづつひび割れていく変化をこれからお楽しみくださいね。
園長

1月20日(金)

今日は、書初めを行いました。
年少さんは、「一」年中さんは「たこ」年長さんは「一月」
まだ、文字が書けなくても良い年齢ですので、
筆の感触を楽しんだり、文字に親しむことを目的として、
毎年行っています。
一枚目は、お母さん先生や、幼稚園の先生と一緒に、
二枚目は、一枚目をお手本に、一人で書いてみました。
どの子の作品も、とても芸術的!
もう少ししたら、廊下やお部屋に掲示します。
お楽しみに。

園長

生活発表会 ご協力ありがとうございました

11月5日(土)に行われた生活発表会、皆様のご協力で無事に終えることができました。ありがとうございました。
本番は、2回に分けて発表を行いましたが、どちらもたくさんの保護者の皆様がご参観くださいました。
子どもたちはマスクをはずして元気よく、保護者の皆様は、しっかりマスクをつけてお話をしないようにして、発表会を行いました。
ホールが割れんばかりの子どもたちの大きな声に、子どもたちのパワーを感じました。
今週に入って、月曜日登園した2号認定さんも、誰も体調を壊しておらず、昨日の登園も、風邪のお休みは何人かいますが特にコロナの感染もなく
ホッと胸をなでおろしております。
保護者の皆様からは、たくさん連絡帳にて、感動のお声が届きました。おそらくこれからの保育だより、クラス便りでご紹介があると思います。
まだまだ様子見ではありますが、子どもたちの成長を皆で喜び合える園でありたいと願っております。これからも園とご家庭が協力してお子様を育てていきましょう。
園長

11月4日(金)

いよいよ明日は生活発表会。
今日は、お預かりの無い子どもたちは、午前保育で帰りました。
午後、担任の先生たちは、明日の会場作りです。
私たちは子どもたちが発表会を楽しみに、たくさん練習していた姿をたくさん見てきました。
子どもたちは、このような行事をきっかけにグンとできることが増えるようです。
やはり特別の、子どもの楽しみにしている行事は子どもたちにとって良いのだなあ、と実感します。
明日は、ご家族皆さんで、お子さんの成長を喜ぶことができますように。どうぞお気をつけてお越しください。

園長

10月13日(木)

どのクラスも生活発表会に向けて、活動が始まっています。

らいおんぐみ
朝のお部屋遊びの時にAちゃん用の小さいペープサートを用意した。すると早くに登園してきた年長さんたちが興味を持つ。Aちゃん用のであると伝えると、「やらないって言っていたもんねー。」「はじめてだからねー。」「なにをやりたいのかなあ」と心配してくれる。Aちゃんが登園してくると「これAちゃんのだよ。」「Aちゃんはなにをやりたいの」と優しく聞いていた。
・・・年長さんがクラスみんなのことを心配してくれる。素敵なつながりです。
きりんぐみ
入園したてのSちゃん。すみっこぐらしの塗り絵を準備して迎える。Sちゃんが塗り絵を始めると、年中のNちゃん、Kちゃん、年長のMちゃんがそばにやってきて、「こすもすさんなのにすごい上手!この色も使っていいよー。」とペンをキャップから外して渡してあげたり、担任の思いが子どもらたちに届いているなあ、と感じた。
ぱんだぐみ
年中少さんが、左記にお外遊びから帰ってきたので、お集まりをするとき、年中少さんだけで、きれいな輪になることができた。そのことを伝えると、お話を聞く姿勢も素敵で、すずらんさんがいないからみんなで力を合わせて頑張ろう!エイエイオーをしてから入室すると、お部屋に戻ってからも落ち着いて身支度を澄ますことができた。その時に「ももたろう」の歌もねんちゅ硝酸だけで歌ったが上手で、あと井¥から入ってきた年長さんにも聞いてもらい、「上手!」と拍手をもらうことができた。
しろくまぐみ
園庭で鬼ごっこをした。皆足が速く、遊びに夢中になっていた。年長のMくんが鬼だった年少のIちゃんに、頭をポンとしながら「はやかったよ。」と声をかけていた。
心ににそっと入ってくるMくんの優しさを感じた。

9月14日 乳児の子どもたち

今年4月に乳児クラスが新設さました。0歳3名、1歳6名、2歳6名の併せて15名のお友だちが登園しています。入園してから5ヶ月・・・振り返ってみると、4月は泣き声の嵐の毎日でした。お母さんと離れることがどれほど寂しいことか。知らない場所に置いていかれ、不安な気持ちになるのは当然です。まずは、園は楽しいところ、自分の味方の先生がいるという安心感を持ってもらいたく、とにかく信頼関係を築くのに職員は必死でした。今では、全員泣くこともなく、毎日笑顔で登園し、お仕事に行かれるお父さん、お母さんにバイバイができるようになりましたお友だちとの関わりも少しずつ広がっていく乳児部の子ども達。日に日に成長が感じ、保育室は笑い声が絶えません 主幹 瀬野尾三奈子

9月7日(水)

ぱんだぐみ
一度実習生のまい先生にお部屋を離れてもらい、その時に子どもたちを集めてまい先生がお誕生日であることを伝えた。みんなからは、お歌のプレゼントと、折り紙でチューリップを作ってプレゼントしようと話した。サプライズにしたかったので、「まい先生には内緒だよ」と伝えると、ちゃんと黙っている子どもたち。まい先生も喜んでくれ、サプライズ誕生会は大成功!子どもたちと喜んだ。
きりんぐみ
とても暑い日だったので外遊びでは、乳児クラスのお友達と、クジラのシャワー(新しい遊具でクジラの頭からシャワーが噴き出る)で思いっきり楽しんだ。そのあと、お部屋で氷スキップ、スキップつかまえをした。絵本読みは、こどものともの年長さん用を読んだ。
らいおんぐみ
今日は朝からお外遊び。お砂遊びや虫探し、そらみちで遊ぶおともだちが多かった。虫探しはそらみちの下の木の根元に集まって探した。いつも虫探しをしているおともだちは、どこに虫たちが多くいるかをすぐに見つけられるのですごいなと思う。石をよけてミミズやダンゴムシやゲジゲジを見つけて興奮していた。
しろくまぐみ
タベール男爵がお金を持ってきてくれたことを伝え、どこにしまっておくか伝えた。明日の朝からレストランごっこが始まると良いと思い、タベール男爵とお金を子どもたちの手に取りやすい位置に置いた。テーブルを出して、布もかけておくことを子どもたちに伝えた。明日が楽しみである。

9月6日(火)

しろくまぐみ
朝から、ナポリタンづくり、パフェ作りをするお友達がいたり、エプロンのための採寸をしたり、お買い物ごっこの準備が進んでいます。お店の名前もみんなで意見を出し、「しろくま」「タベール男爵」「クーちゃん」などいろいろの名前が出てきて、大きな紙に書きました。お買い物ごっこは9月の末になりましたが、ワクワク楽しみです。手遊びで『どんぐりぼうやがたんけん』をしました。
ぱんだぐみ
園庭遊びがスタートしました。昨日の遊具の使い方のお話をみんなよく聞いていたようで、危険な使い方はせずに、楽しんで遊んでいました。室内では、お買い物ごっこのお寿司の仕上げをしました。9月のお歌の「とんぼおめがね」も上手です。
らいおんぐみ
今日はシャベルなど遊具を増やしたので、昨日よりさらに楽しんでいました。教育実習の先生のもとで、楽器作りをし、音を鳴らして楽しんだが、「魔法の音が鳴ったら、楽器をお休みしてね。」というお約束で、ピアノが鳴ると、それまで鳴らしていた子どもたちが、みんな楽器を置き、静かになる様子に、子供たちの成長を感じました。
きりんぐみ
教育実習の先生とフルーツのメダルを作りました。子どもたちはクレヨンで色塗りしました。縁からはみ出さずに、丁寧に塗る子、色を組み合わせて塗る子、フルーツの色にとらわれずに好きな色で塗る子、みんな思い思いにフルーツを完成させました。園庭では、あたらしくできたそらみちと砂場が人気でした。

9月5日(月)

ぱんだ組
園庭探検をし、そらみち(新しい遊具)を歩いたり、ネットのところにも行ってみたりした。子どもたちは新しい砂を触ってみたり、そらみちのネットを歩いたり、木登りを楽しんでいました。2学期が始まってから新しい歌や手遊びを楽しんできました。新しい歌もすぐに2番まで覚えて歌える子どもたちです。
らいおん組
お誕生会で「お月様にかんぱい」のお歌の後に、『パパ、お月様とって』の絵本を読むと、大きな月の絵を見て、いつもよりも子どもたちの反応があり、お歌と絵本がひとつになって子どもたちが楽しんでいるのだと感じました。園庭のそらみちは、階段を上った直後、波のような道に、おそるおそる歩いている子どももいましたが、「この空道は足を強くしてくれる道なんだよ。」と歩き方の説明をすると、しっかりと歩いていました。網を張っているところも、意外とほとんどの子どもたちが挑戦していました。
しろくま組
園庭探検では、新しい遊具のお約束をしました。お買い物ごっこの準備も進んでいます。パフェ作りはたくさんのお友達が挑戦し、一日で、29個もできました。
きりん組
ホール遊びでは、タイル遊びに熱中するお友達が多かったです。犬のお家を立体的に作ったり、子供が寝られるぐらいの大きなお家を作るお友達もいました。粘土遊びでは、『おたまじゃくしの101ちゃん』を読んで、おたまじゃくしを何匹作れるか、挑戦しながら作りました。「みてー」「6ちゃんつくったー」と得意げにいう子。肉を作ったり、ヘビを蛇を作ったり、ケーキを作ったりする子もいました。年度を細長くして巻いてカタツムリの様にする子もいました。

9月2日(金)

先生たちの園日誌をもとに、幼稚園の様子をお知らせします。
ぱんだぐみ
ぱんだぐみは朝からお店屋さんごっこで使うお寿司を子どもたちと作りました。年長さんだけでなく、年少さんも積極的に参加しています。出来上がったら「へい!お待ち!」と言って持ってきてね、とお願いすると何人も「ヘイ!お待ち」と言って自分で作ったお寿司を持ってきてくれました。準備からもうお寿司屋さん気分で楽しんでいる子どもたちです。
きりん組
外遊びに行く前に『こんたのおつかい』を読みました。絵本の中で「お金がどんぐりに変わっている」ことに気づいた子どもたち。美香保公園でどんぐり集めをして、「どんぐりたくさん拾ったよ!」「これお金になるね!」の声も聞こえてきて、絵本の世界を楽しんでいる子どもたちでした。
らいおん組
年長さんたちは、朝から「お店の名前を考えてきたよ」と言ってお店屋さんごっこに向けてやる気十分。たくさん手が上がり、最終的には「らいおんまつり」に決まり、みんなで声を出して言ってみて、決定の拍手をしました。
しろくま組
さくら公園で氷鬼をしているとき、「鬼の帽子は白にしよう!」「ひとりばかりねらうのはやめよう。」「氷の人のそばにずっといるのはやめよう。」という声が聞こえてきて、遊びについてのルールを子どもたちが、話し合いで決めていて、子どもたちの力に感心しました。

未就園児親子教室 いちご組

 今年度からは、新園舎のホールを使い、いちご組が6月から開催されています。しかし、夏休み中から、コロナ感染者が増えてしまい2歳コースの皆さんには、9月の2週目以降休回をお願いしました。3歳コースの皆さんにつきましては、第1週を休回にしましたが、入園に向けての流れを少しずつ継続していきたいので2週目以降は、保護者の方々のご判断にお任せしていちご組を再開させていただきました。コロナ感染に不安な方々もいらっしゃるでしょうが、今後はなるべく開催したいと考えています。コロナと向き合いながらの日常になりますが、感染対策をしながら、いちご組で楽しいひとときを送りましょう。9月に入ってからは、園庭が仕上がり、お日様の下で遊ぶ事ができるようになりました。これからは、お天気の良い日はお外で体を動かし、沢山遊びたいと考えています。是非、汚れても良い服、もしくはお着替えを持参下さい。また、なかなか食事が進まないお子さんも運動量が増えると、自然とおなかがすいて食べられるようになると思います。食事の事でお悩みのお母さんがいましたら、もう少し様子を見てみましょう。                                主幹、いちご組担当 瀨野尾 三奈子
学校法人 聖公会北海道学園
認定こども園
 聖ミカエル幼稚園
〒065-0019
北海道札幌市東区北19条東3丁目4番3号
TEL:011-731-8705
FAX:011-731-8706

・未就園児クラス
・預かり保育
・父母の会・サークル
1
7
0
9
3
5
TOPへ戻る